鳥の世界

鳥だけでなく北米の自然と生きものについて書いてみたいと思っています。

           
マリーン湖畔のムース      アカフウキンチョウ      グリズリーベアー

<気候と生物の多様性>
BC州の自然をひと言で表現すると、多様性ということになります。
温暖な太平洋に面した沿岸部から氷河を頂く高山まで、年間降水量が3,000mmを超える温帯降雨林から250mm程度の半砂漠地帯までの多様な気候がブリティッシュコロンビアの生物の多様性を支えています。
カナダ全土で196種類いる哺乳類の143種が、578種いる鳥類の454種がBC州で記録されています。 これほど多くの種類が見られるのはカナダ広しといえどもこの州だけです。

     
温暖な太平洋沿岸    氷河でおおわれたBC州の山々

<海の豊かさ、陸の豊かさ>
BC州の海岸線は氷河によって作られたフィヨルドで出来上がった複雑な形をしています。
この入り組んだ海岸線が形づくる狭い海峡で潮の干満ごとに起こる激しい海流と湧昇流が海底に沈殿している養分を攪拌し生きものの多い海にしています。

<湧昇流が作る豊かな食物連鎖>
BC州の気候に大きな影響を与えているのが一年を通して太平洋から吹いてくる西風です。 毎年夏になると西北からの風が強くなり、BC州の沿岸を北から南に向かう海流はスピードを速めます。 これに地球の自転の力が加わると、南に向かっていた海流は沖へ流れようとします。 沖へ引っ張る力が強くなると海岸沿いの水面が一時的に下がり、これを補うために海底から冷たい海水が湧き上がってきます。 これが湧昇流です。
海底に堆積している養分が海の表面に巻き上げられるとプランクトンが大発生します。 これを餌とするニシンなどの小魚、それを捕食するサケ、さらにサケを追ってやってくるアザラシ、シャチなどの海洋哺乳類と豊かな食物連鎖が出来上がっています。


ゼニガタアザラシの母仔

<養分の陸への還流>
地球上の養分の流れは陸から海への一方的なものと長い間考えられていました。 雨が地球上の表面の養分を川に流し込み、海に流れ込んだ栄養分は分解され窒素やリンになって海底に沈殿することはよく知られています。 これとは反対に、海から陸への養分を運ぶ動きがあることが研究者の最近の調査によってわかってきました。
この流れには産卵のために川を遡上するサケと、それを森に運ぶクマが大きな役割を果たしています。 
カナダ西海岸に生息するクマにとってサケは冬眠前の貴重な食料源です。 大きなサケになるほどクマは川岸から離れた森に持ち込み、頭の後ろから背中にかけての部分を中心に食べます。 森の中に運ばれたサケの多くは半分以上が食べ残され、置き捨てられます。 このサケの食べ残しは他の小動物、鳥、昆虫の食料となり、さらにその残りはキノコや微生物により分解され土の養分となります。 川の中のサケの死骸は水生昆虫を育て、サケの稚魚はこれを食べて育ちます。 ビクトリア大学のトム・ライムケン博士の研究によるとクマがいるサケの産卵場所では樹木が吸収する窒素の70%以上がサケからもたらされているケースもあります。


クマに食べられたサケ

<バンクーバーの鳥>

<BC州内陸部の鳥>
バンクーバーから東に国道1号線(カナダ横断ハイウェイ)を2時間走るとホープという町が現れます。 ホープで州道3号線(クロウズネストハイウェイ)に乗り、約1時間走るとマニング州立公園の入り口に着きます。 この入り口の少し手前にあるガレ場ではアメリカナキウサギの走りまわる姿が見られます。
             
マニング州立公園         アメリカナキウサギ     こんな瓦礫のところに住んでいます。

マニング州立公園内の沼地ではこんな鳥が・・・。
    
ムネアカシルスイキツツキ ニシノドグロハイアメリカムシクイ

亜高山帯に上がる道路の途中で見られたアオライチョウ(Sooty Grouse)の♂のディスプレイです。
            

マニング州立公園からさらに1時間半ほど走るとプリンストンの町に着きます。 この辺りから半乾燥地帯に入ります。 Copper Mountain Road沿いではこんな鳥達が出迎えてくれます。
         
アカエリシルスイキツツキ    ムジルリツグミ     チャカタルリツグミ

    
カオグロクイナ        ズアカマシコ♂♀

<ポイントピーリー国立公園の鳥>
五大湖の一つエリー湖の北岸から南に突き出している小さな半島に、このカナダで二番目に小さな国立公園があります。 5月の渡りの時期になるとカナダ国内だけでなく世界中から熱心なバーダーがやってきて公園内の狭いトレイルは身動きできないほどの混雑状態になることもあります。 バーダーのお目当ては色鮮やかだけでなく鳴き声も美しいWarbler(アメリカムシクイ)です。

コメントは受け付けていません。